不在連絡票が入っていた。

私の地域の配達員さん、外国のパルたちからの小包だと書くのが面倒なのか

送り主のところには”イラン”とか”アメリカ”、”中国”といった具合に

国名だけになる。

…アメリカさんって、誰?とはならず、大体、「送ったよ~」と連絡が来るので、

あぁ~!コロラドのパルだ!と気づく。

ええ、大抵。

今回、送り主は”中国”。

・・・中国?いや、最近は中国に縁遠くて、

もしかして香港のパルから何か届いた?

それとも台湾のパル?彼らのことを”中国”とひとくくりにしたら怒られますよ!

政治的問題ですよ!と思ったり、

いやいや、中国の妹か。

でも、彼女はいま産後でばたばたしているところだし…

内モンゴルのお姉さん?でも、何も聞いてないし…と不思議に思いつつ

簡易書留で届いたので、配達されたときに名前を確認した。

送り主はAnneさん。住所も名前もばっちり私。

Anneって、こないだ久しぶりにポストカードが届いたポーランドのAnne?

あれ?こんな字ではなかったような…と思いつつ

開けてみると、中身はブランド品ネックレス!

…高級そうですけれど、どちらさん?

全く身に覚えがないんですけれど…と焦ってメールを探す。

手紙には「ポスクロのID素敵ね」とあるので、ポスクロ経由の人らしい。

でも、ポスクロ経由で知り合ったのはベラルーシ、南アフリカ、イタリア、ドイツが

この頃でして、中国ってわからない~!?

全くもってわからない!とPCの中のメールや文通について書いているノートを

必死に探すものの、皆目見当がつかない。

彼女が書いた住所は漢字で達筆すぎて読めない。

この住所、コピーか切って貼って手紙ださなければ。

「すいません、全く記憶にないんですけれど、どこのどなたでしょうか?」と。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村