今週のお題「ひな祭り」

 今夕、地元のBOOK OFFで見かけたのは、小学校から中学校にかけて同学年で何度か同じクラスにもなったことがあるYでした。顔を見るのはかなり久々だったけど、中学を卒業してからお互い30歳代半ばくらいになるまで、数年に一回くらいのペースで街で見かけていたし、見間違いではないと思います。

 このYの生まれが3月3日。おそらく全国的に"ガキの時分あるある話"だと思うけれど、桃の節句/ひな祭り/ 女の子の日の生まれってことで、クラスの男共からそのことでからかわれていたものでした。

 ただそれだけの話なんですが、先ほど今週のお題が「ひな祭り」であることを知った時に、ふと夕方見かけたYのことを思い出して、こうしてここに記しておきたくなったのです。

 BOOK OFFで見かけたYは、洋楽CDコーナーで、ディープ・パープルの『紫の炎』とクリームの『カラフル・クリーム』の他数枚のCDを手に持ち、すぐ近くにいる私に気付く風もなく、更にCDを物色しておりました。同級生だったことがあるだけで親しい間柄だったワケでもないので、中学生の頃までの私の知っているYがロックに関心を持っていたのかどうかは知りませんが、彼も人生のある時期にロックに出会って好きになった人であることがわかったのと、今、この歳になって"再び(かどうかも不明ですが)"ロックのCDを手にしようとしているのを見かけて、Yに中学時代には感じたこともなかった親近感に似たものを覚えてしまったのでありました。(笑)

 ま、だからといってどうだってこともないんですけどね。その時も声を掛けることもなかったしね。